CHICKENNOT。OVER ALL3。2COLORS/2SIZES。

Category : CHICKENNOT。


2019年7月17日追記。
WEBストアでのリリース直後から2日間、同素材でつくったいつものオリジナル・キャップをプレゼントするキャンペーンのおかげかなんなのか、キャンペーン期間終了をまたずに全数ご注文いただき早々に完売いたしました。ご注文くださったかた、ありがとうございます。キャップももらえたかた、よかったですね。ストレッチデニム地のほうはとくに洗うとイイ感じのシワができるので、できれば初めて着用する前に洗濯するといいとボクはおもいます。よろしくおねがいします。















CHICKENNOTのオリジナルデザインのオーバーオールです。SMサイズ各色5本、MLサイズ各色5本、合計で20本製作してもらいました。オーバーオールのことをサロペットともいいう昨今なのでサロペットともいうておきます。ジャンプスーツともいうなぁ。出来上がりはこの数日内です。15(月祝)までボクCHICKENNOTストアは臨時休業をしてますので、出荷やお渡しははやくて17(水)以降になりますこと、ご容赦くださいね。











"オーバーオールは夏のモノか・冬のモノか論" があるかもしれません。本製品にかんしては、生地のチョイスふくめ冬物をつくった気分ではありません (真夏用でもありませんが)。この時期のリリースなので、まずはぜひタンクトップでシンプルに着合わせてくださる機会をもうけてほしいです。それから秋に向けて付け足しのファッションでステキ感を共有できればいいなとおもってのことです。










用尺(生地の量)がおおいアイテムであるオーバーオールはこれ1点着るだけで体の多くを覆うことができます。それにより、他のアイテムはタンクトップとシューズくらいで完結できる、ものすごくシンプルでミニマルなコーディネートが可能です。女子はいろんなワンピースや安価なサロペットなどたくさんあるので、あるていどわかってる着こなしなんでしょうが、男子にはこういう概念はあまりないので、ボクがこういうオーバーオールを作ることは男子にとってはけっこう "新鮮&斬新"、"たのもしい" ことだとおもいます。これまでオーバーオールに興味をもたず着たことがない男子、ぜひご購入をご検討ください。ファッションのあたらしい局面を知ることになるとおもいます。いや、女子にも絶賛オススメ品です。






しかも今回、WEBストア・リリースから先着数名さまには、同じ生地で製作した妥協のないいつものCHICKENNOTオリジナル・キャップ (6000円+税 相当) をプレゼントします。(こちらデニム地のほうは、頭頂部の天ボタン・通気のための刺繍穴の色が写真とちがうばあいがございます。ご了承ください。)













なぜキャップをプレゼントするのかにはボクなりの理由があります。
















せっかくオーバーオール1点で体のほとんどを覆うことができるのですから、この時期にお揃いのキャップをかぶったばあい、どういうことになるでしょう。











かなりのセットアップ感を演出しながら、シンプルかつミニマルで、とっても意識の高いファッションが実現します。こんなファッションなかなかできません。


ボクはそれを見こして、オーバーオールは服屋さんに、帽子は帽子屋さんとやりとりしてすすめてきました。そしてキャップが先に出来上がってたにもかかわらず、SNSでの露出をひかえ、しずかにオーバーオールが出来上がってくるのを待ってました。





できればオーバーオールを買うすべての人にキャップも買ってほしいんです。そのほうがコーディネートの幅が劇的に広がるからです。セットアップの破壊力はボクたちストリート・ファッション (≒スニーカー・ファッション) を是とする人たちにはなかなか浸透しませんが、同じ生地で数個のアイテムを所有できてるという事実は、ステキなことです。





ですが。作り手の想いがどんなに熱くても残念ながらそう思いどおりにはならないのが現実です。過去にメルトンウールのスタジアム・ジャンパーをつくり、同じ生地でキャップもつくったのに、ほとんどのかたがセットでお求めくださいませんでした。DUTELという仏高級生地のセットアップにさらにキャップやサコッシュを同じ生地で作ったときも、なかなか同じかたが買い揃えてくださいませんでした。おせっかいにも作り手がさまざまなセットアップ・コーデができる要素を提供しても、じっさいにはかなりの確率でそのようにはならないのです。同じ生地のものを買い揃えていくのが逆にコーディネートの幅をせまくすると思うのかもしれませんね。たしかにそうかも。勉強になりました。










それならば。








WEBストア・リリース時から先着順で、期間も数量も限定ですが、本品をご注文くださいましたら同じ生地のキャップを特典としてさしあげようというキャンペーン期間をもうけることにしました。これによって、ボクがのぞむステキなファッション・コーディネートができるかたを強制的に数名つくりだすことができるってワケです。もちろん、いっつもオーバーオールとキャップをセットアップで着ろと強制してるのではありませんが、ぜひこのシンプルでミニマルなセットアップ・コーディネートを楽しんでほしいです。








期間:2019年7月13(土) 23:00〜15(月祝) 23:59。
対象人数:STRETCH DENIM/最大8名。VALENCIA CHECK/最大7名。

ちなみにオーバーオールの生産数は、デニム/チェックともに10本(SM5/ML5)ずつ、合計20本です。














ご注文くださるのはもちろんうれしいのですが、ご注文以降にカラーやサイズの変更、ご注文のキャンセルなどはどうかおひかえください。また、14(日) 15(月祝)はボク=CHICKENNOTストアは臨時休業をいたしますので、いかなるお問い合わせなどにも回答できませんこと、ご了承ください。



















さて。商品の説明をすすめてまいりましょう。













こうみえてCHICKENNOTの11年ほどの歴史の中でオーバーオールは3代目です。過去に2作つくってます。
過去作を知ってるかたのためにかんたんにいうと今回のモノはこれまでより下半身のパンツ部分をさらにゆったりシルエットに変更しました。











そもそもCHICKENNOTのオーバーオールは "スーツの三つ揃え(スリーピース)のベストとスラックスをつなげたかんじ" がデザイン・コンセプトです。2代目から肩の仕様が日カンとストラップで調整できるオーバーオール然とし、みなさんになじみのあるスタイルに寄せましたが、初代はほんとうにベストとスラックスをつなげたようなモノ(よりジャンプスーツと呼びたくなるデザイン) だったので、その血をひく3代目も、古着のデニムで着るカーペンタースタイルやワークスタイルがデザインソースではありません。









なので。上半身のビブ(胸あて)は5つのボタンでの開閉式でして、脇の仕舞がガバガバでなくベストを着たようなスマートなシルエットにて形成してます。しかもビブの長さもけっこうあって、胸元をほぼほぼかくせるくらいストラップでしぼりあげるかんじもオススメします。といっても、上下に10cmくらいは上下できるようストラップの長さを設定しましたので、わかったうえでご自由に着崩してくださればいいのですがね。











一方。下半身のパンツ部分は深いワンタックのスラックス・タイプのデザインです。斜めのフロント・ポケットですし、お尻はセットインのポケットです。スラックス然とさせてます。けっしてワークスタイルとかカーペンターズスタイルでないのがわかるとおもいます。









初代・2代目はヒザから下にむけて積極的に細くしていきましたが、今回はよりゆったりみえるよう太く改変してます。CHICKENNOTのバギーパンツを参考にはしませんでしたが、スペックをみるとそれに近い裾幅でした。












パンツ部のフロントの斜めポケットの中にはCHICKENNOTオリジナルデザインのパンツすべてに内臓される "POCKET IN POCKET" があります。ちょうどスマートフォンがすっきり収まる大きさでポケット内で無駄に踊り出すこともありません。ボクは左のポケット・イン・ポケットには携帯電話をいれて右のポケット・イン・ポケットにはカギをいれるように決めてます。またフロントのポケット自体、無頓着に小さめにできあがってるおおくのブランドさんを横目にみて、CHICKENNOTのはしっかり大きく作るよう指示してます。









たいして、お尻のポケットは無駄に大きくも深くもしてませんが、ふつうのパンツより3CMくらいはベルトループに近い高い位置につけてあります。太くルーズに穿いてるように見せたいのがオーバーオールで、この商品もそうなんですが、そのままの位置に残してしまうと、長財布などが太もものところにあるようなだらしない見映えになってしまうので、そこはしっかりサンプルが出来上がってきてから確認・調整して上方へ修正してあります。





3代目の特徴をここでもうひとつ。少し太めの裾幅の設定にくわえて、逆に裾を絞りこむスタイルの提案もしておこうと思いました。裾スソにドローストリングをとおしておきました。もちろん上記写真のように、ロールアップを自由に楽しんでくれればいいです。夏っぽさはくるぶしのみせ具合で演出できるものですし。ここ最近は "SPORTS MIX" がかなり浸透して、なんにつけてもスニーカーに合わせやすいことが "是" とされてますので、こうして、ヒモによって裾をすぼめるスタイルをそなえてあるアイテムはトレンドに寄せたいい商品なのかもしれません。古着のオーバーサイズのオーバーオールをえらんだとき、気になるのは、たとえロールアップしてもカカトで裾を踏んでしまうんじゃないかってところ。その "オーバーオールあるある" な心配事を100%払拭できる仕込みをしておきました。オーバーオールのヤボったさをすっきりできる裾の仕舞で "SPORTS MIX" なトレンド・シーンにも対応できてるスタイルです。ボクみたいにローテクのキャンバス地のズック的なスニーカーでもいいですし、レトロ・フューチャーな懐かしいハイテクシューズでもいいかもしません。上品なサンダルも合わせてみてください。ヒモを外側に出したのは自転車に乗るときを想定してのことです。自転車通勤とかのさいにどうしてもゆったりシルエットのパンツは裾のバタツキが気になります。それを解消できる機能をつけ、ヒモでさえチェーンにからむ心配のないようにしてあります。さらに。細かいことですが。ヒモの長さをじゅうぶん注意しながら設定してます。長すぎればヒモが地面についてだらしなく見えてしまうし、短ければ意味をなさないからです。そしてヒモは半分のところで縫い付けてありますので、どちらかが長くなってしまうこともありませんし、抜けてしまうこともありません。







後ろからみた全体のシルエットは、"卵型" になるようなイメージでデザインしてます。つまり腰〜お尻〜太もも部分が脇や裾よりも太〜く作ってあります。それはまるでペンギンのようなスタイル。いいかえれば "ゆるキャラ" に似たシルエットです。つまりかっこいいオーバーオールではなく、可愛いとよばれやすいオーバーオールを目指してつくってますので知っておいてください。









ペンギンっぽいシルエットを実現するために深めのワンタックを装備してます。それもそうなんですが、ウェストを断然おおきく作ってます。SMサイズで100cmまで対応、MLサイズで110cmまで対応してます。オーバーオールはしゃがんだりする場合を考慮してパンツ単品よりもそもそもウェストを大きく作っておく必要があります。2代目でも十分な幅を取ってましたが、この3代目はさらに7〜8cmほど大きくしました。ストレス・フリーな感じがしてボクはとくにこの部分を気に入ってます。









え、SMサイズで100cm???と懐疑的になってはいけません。SMサイズでいかなる女子にも着ていただきたく設定してます。現にうちの妻(158cm中肉)がゆったりいい感じに着せてみせてくれました。SMサイズは150cm代からの女子にオススメいたします。女子もぜひお求めください。










アクセサリ、装飾についてワッペンは白。左胸にひとつ・右太ももにひとつ、つけてます。ベストとスラックスをつなげた名残りがここで感じられるとおもいます。パンツのワッペンと同じ高さの反対側、左太ももには32ミリ径のリフレクタ・ドットを熱圧着したCHICKENNOTの白タグをループ状につけてます。いつもとかわりないCHICKENNOTスタイルです。











生地について申しあげます。










(01) STRETCH DENIM。COTTON 98%/POLYESTER 2%。MADE IN JAPAN。10OZのミディアム・ウェイトのデニムです。夏しか穿けないほど薄い生地でもありませんが冬用でもありません。ゴム質であるPOLYESTERを2%配合して動きやすさを確保してます。またコットン100%のデニムよりも洗濯による縮みがすくないもの特徴です。2代目のインディゴ・ブルーのモノよりも薄く・軽く・シワもでます。色目も春夏秋冬いつでも着られる濃すぎない青です。






すでに数回、自宅で洗濯をしております。一気に色落ちしたかんじもございませんし(じゃっかん色落ちてます)、劇的に縮んだという感覚もございません(じゃっかん縮んでます)。ポリエステルのストレッチ素材のはいったデニムですので、"育てる生地" ではありません。なのでみなさん、できるだけ清潔感を保つためにもご自宅で普通に洗濯してください。とくに男子!お母さんや奥さんに敬意を表しながら、こまめに洗濯カゴに出すよう心がけてください。"あたり" を楽しむデニム生地ではありませんので。(念のため初回は薄色のものといっしょには洗わないでください。)









(02) VALENCIA CHECK。POLYESTER 56%/COTTON 44%。MADE IN JAPAN。近年のトレンドといってもおかしくない、チェック柄です。サンプル生地スワッチにVALENCIA CHECKと表記されてるのでそのままVALENCAI CHECKと書いてますが、じっさい VALENCIA CHECK ということばで検索しても このようなチェック柄をなかなか発見できません。Instagramでハッシュタグつけて検索しても valenciacheck で抽出される写真は日本のセレクトショップの画像ばっかり。世界的には認知されてない日本独特の表現のようなので、あまり公言しなくていいとおもいます。ボク的にはGLEN CHECK のほうがより近い気はします。それでいくと、サロペットというのも、Instagramで salopette にハッシュタグつけて検索してもあまりボクのこの商品に近いモノはでてこないので、 本品は "チェック柄のオーバーオール" とごくごくふつうに呼んでくださればいいとおもいます。








さて。このチェック柄、ボクめっちゃ気に入ってます。みなさんも同調してくださると嬉しいんですがどうかな。白地にカーキと紺色の合計3配色のチェック柄です。画像から、カーキがベージュのように見えててもカーキですし、紺色が黒に見えてても紺色です。大好きになりました。






この生地の洗濯にかんしても、ストレッチデニムにおおよそ準じてます。ご家庭で積極的に洗濯することをオススメします。ポリエステルの成分がおおいので、乾きやすいです。タイプのちがう2つの生地ですが、じっさい着用してみて軽さとか柔らかさとか暑さとかはよく似てるとかんじます。





水玉好きで認知されてるボクCHICKENNOTですが、花柄のメッシュキャップをリリースした次にはチェック柄に手を出すは......。"ブレてるやん" と思わないでください。ボクCHICKENNOTでは、既成の水玉柄の生地にはとことん興味はなく、あくまでボクがボク自身でバランスよく配したドットの集合体が好きなので、生地をえらぶさいに水玉柄を探すようなことはほとんどしません。ワッペンや白タグのリフレクタ・ドットでじゅうぶんみなさんを丸のちからでやさしいイメージのほうへいざなってるつもりですので、今回もこのチェック柄を採用することにブレはありません。




ですが。このチェック柄でも先にご紹介したデニム生地にも、ボクがハンドペイントするドット柄は超ステキに載せられるとおもいます。もしご希望あればご注文時に備考欄に "ドットペイント希望" 明記してください。全力でお応えします。前後フル(全面)ドットペイントしたばあいの目安のペイント料金は25000円ほどだとご理解ください。前面のみなら15000円ほどです。このチェック柄のほうでも、白のドットをペイントすると、そーとーステキなパッケージングになることまちがいないです。














スペックをしるしておきましょう。



(01) STRETCH DENIM。COTTON 98%/POLYESTER 2%。10OZのミディアム・ウェイトのデニムです。MADE IN JAPAN。01SM:〜或蛤41.5/∩宛埔26/ 椨68/8絽頃44/じ絽埔34/+78、
01ML:〜或蛤44/∩宛埔27/ 椨71/8絽頃47.5/じ絽埔35/+82.5、

01SM:身幅(脇部幅)46/胴幅50/股下67/総丈117/渡り35/裾幅22.5 (cm/実寸)。
01ML:身幅(脇部幅)48/胴幅55/股下73/総丈124/渡り37/裾幅24 (cm/実寸)。







(02) VALENCIA CHECK。POLYESTER 56%/COTTON 44%。MADE IN JAPAN。02SM:〜或蛤41/∩宛埔25.5/ 椨66.5/8絽頃44/じ絽埔33/+77、
02ML:〜或蛤43/∩宛埔26/ 椨69/8絽頃46/じ絽埔35/+81、

02SM:身幅(脇部幅)45.5/胴幅50/股下66/総丈114/渡り34.5/裾幅22 (cm/実寸)。
02ML:身幅(脇部幅)47.5/胴幅55/股下72/総丈120/渡り36.5/裾幅23.5 (cm/実寸)。








ファッションは着くずしがセンスの見せどころなのであまりレンジを限定したくないのですが、いちおうサイズ感をボクなりに記しておきます。参考にしてください。身幅(脇部の幅)のサイズだけは確認してください。ここが窮屈ならNGです。

SMサイズは150CM台の女子にもオススメします。男女共170CM前後のかたがサイズの分かれ目かなあとおもいます。160CM台の中肉男子はいちおうSMサイズがデフォルトです。

MLサイズはボク(176CM/69KG)が着てるサイズです(なにも注釈なければMLサイズを着た写真をUPしてます)。中肉男子なら180CMあっても着られるとボクはおもってます。












話題が前後しますが。そもそものこのオーバーオールのデザイン・コンセプトはスーツの三つ揃いのベストとスラックスをつなげたかんじです。なので、夏がおわり秋が深まってきた時、こんなふうにブレザーを合わせるとめっちゃすっきりします。






シャツなんかを羽織ってもいいかもしれません。もちろんシャツはインしてもいいに決まってますが、大きめのシャツなら羽織るほうがいいです。小さめのシャツなら脇あたりがダボつかないのでインするのがいいでしょう。








ボクはタンクトップばかり着た写真を貼ってますが、もちろんTシャツもイケます。いくつか着てみたところ、男子はやや小さめのTシャツを着るといいとおもいます。なんなら肌着のように脇すっきりしてて袖の細いものがイイのかもしれません。フィットした袖なら長袖もイイ感じになるとおもいます。たいして、大きめでやや袖の太いTシャツだと、ベストをデザインベースにしたビブの脇あたりがモタついたかんじになるからです。女子はたぶん男子より脇あたりに余裕があるので、きっと男子ほどシビアではありません。














なんだかんだツラツラ書き綴りました。
ボクの論調・文調がみなさんの脳にす〜っと入ってくれると嬉しいのですが。







さいごまでこの商品を吟味くださりありがとうございます。ユニークな部分をぜひ評価して "着る" をお楽しみくださればとおもいます。










CHICKENNOTの一の店舗は京都三条富小路にございます。
街の中心部でどこへでも行きやすい立地ですので観光や出張ついでにでもぜひお越しください。ご来店くださればご試着の上お買い求めできます。

ご注文・ご来店、おまちいたしております。








TWITTER:CHICKENNOT0006。
GOOGLE MAP:CHICKENNOT STORE。
INSTAGRAM:CHICKENNOT。
WEBLOG:CHICKENNOT。
FACEBOOK PAGE:CHICKENNOT。

販売価格 29,160円(税2,160円)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Mobile Shopping

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM