CHICKENNOTオリジナルズ。QUILTED BORDER PANT。ASHGREY。23760円。

Category : CHICKENNOT。


CHICKENNOT 2017 EARLY SPRING COLLECTION、ようは梅春モノです。"COLLECTION" ってカッコつけたのは、ボクがデザインしてボクのお店(WEBストアもふくめ)でしか販売しない商品だからです。幸か不幸か、ごく少量の生産なので世間でほとんど同じモノをみることがなく、買ってくださるあなたがオリジネーターのような扱いになりますね。レアであることを売りにしたいワケではありません(ほんとうはもっとたくさん作ってたくさんの人に着て欲しいから)。が、まずはボクほど小さい規模のうちからオリジナル・アイテムをここまで展開するっていうのは、最小ロットでの工場との協議という意味でとっても困難なことで、そういう意味では煽る(あおる)意味でなしにほんとうにレアなことやってます。(さまざま関係社&関係者さんのおかげです、感謝カンシャです) このページでお買い求めいただけるのはASHGREYのスウェットパンツです。同じ色でブレザーもつくってまして、セットアップでの着用も可能です(それはそれで小粋なかんじになりオススメです)。また同じデザインで紺色でもつくってます。スウェットパンツとしてはASHGREYがデフォルト(標準/定番)な気がします。他ブランドさんもASHGREYははずしてないとおもいます。



コットン81%のキルティング生地はフワフワしてて着用した瞬間気持ちイイです。スウェット生地のスウェットパンツではあり得ない感情がわきあがってきます。ふわっふわでやわらかくて軽いです。ガーゼを重ねたようなふっくら感が可愛らしさを演出できます。そしてよく伸びます。ASHGREYというカラーはキルティングのウネウネステッチの影がよく投影されるのでキルティングっぽさを助長しますね。(たいして紺色は濃い生地色なのでキルティングっぽく見えにくい。どちらもイイ感じです。)



見ておわかりのように、ウネウネは縦じゃなく横のウネウネです。生地本来の反モノのはなしでいうと、縦ウネウネで採用するのが常識かもしれません。ですがボクはわざと横ウネウネでパターンを裁断してもらってます。つまりキルト・ボーダー柄というワケです。ストライプはシュっとしたイメージに仕上がるんですがボーダーはやさしいイメージで仕上がるものです。CHICKENNOTはやさしくとか、かわいくとか、そういう方向性のモノが好きですから、ここでもそのようにCHICKENNOTらしさをもって表現してるつもりです。キルティングの横のウネウネは珍しい。世間に数あるASHGREYのキルティング・アイテムのなかでも、それだけでめずらしいモノであるといえます。



生地を90度横にして作るのにはもうひとつ重要な意味があります。
よくあるスウェットパンツやコットンのパーカなど、洗うほどに丈が縮んで変形していってしまいます。生地がしっかりしててHEAVY WEIGHT、タフです!なんていうても、横にガバガバになった気がして何年か着てるうちにお気に入りから外れていってしまいます。たしかに生地はタフで破れてないにしても.....。そんなざんねんな現象、みんさんわかってらっしゃるはずです。この商品は生地の取り方を90度かえてますから、そういう現象がまったくありません。着用してヒザがでてしまっても、洗うたびにまた細くシルエットがもどります。毎回洗うたびにです。アンチエイジングな商品といっていいかもしれません。もちろん国内の手のいい縫製工場さんが縫ってくれてるというのもここでメリットになってきます。経年劣化という言葉がなかなか当てはまらない綿混製品なんです。



シルエットは細くも太くもないレベルです。ですが股上をやや深くとって寒い時期でもお腹や背中を冷やさない程度の商品にしようとおもってたのでそのようにしてます。ま、ボク自身ここ数年は股上が深いものを好んでつくってますので、いつものヤツっておもってくださればとおもいます。股上を深くつくっておくと、ウェストをあげることでロールアップせずに裾の高さ調整ができます。くるぶし丈に見せたければウェストの紐をつよく結んで上で穿けばべばいいのです。



ウェストのヒモはゴールドっぽい色を採用してます。それはブレザーの内張のカラーと同調させたということです。右の太ももにはいつものさがら刺繍の丸い白ワッペンもつけてます。何もヒネリのないただ丸いワッペン。アンチエイジングをはかるのにちょうどいい、シンプルなものです。いつまで経っても飽きることのないシンプルな図形のアクセサリでありながらCHICKENNOTらしさを表現してるつもりです。



ポケットは表面上は3つです。お尻の右に叩きつけポケットを用意してるのと、あとは両サイドです。ですがサイドポケットのなかにはジーパンでいうところのコインポケットのような "POCKET IN OCKET" をそれぞれつけてます。スマートフォンを収納できるポケットです。小銭入れやカギを入れるポケットでもいいでしょう。CHICKENNOTのパンツはお尻を大きくつくりがちです。そうすることで懐(ふところ)に空間ができますから、サイドポケットの中袋も深く大きくしてあります。なのでこのパンツは収納力の高いパンツです。いろんなもの入れられます。とくに男子にはうれしい機能だとおもいます。




先日ご紹介したジャージー素材のセットアップ・スーツは上下セットでの販売のみですが、このキルティングの上下はバラでのお買い求めを可能にしてあります。ブレザーにたいしてスウェットパンツ、セットアップで着た時のドレスアップ⇄ドレスダウン、カジュアルアップ⇄カジュアルダウン、これらの操作が非常におもしろいです。同じ生地で作ってる商品ですからなおさらなんです。ブレザーとスウェットパンツをコーディネイトするのは今やとくにおかしいことではありません。ブレザーのシュっとしたイメージをもってカジュアルなほうへ落とし込んでいくやりかたです。それを同じ生地でセットアップでやり切るというのは、この商品の醍醐味/ダイゴミでしょうね。やるとニヤニヤがとまりませんよ。




それではサイズ・スペック(mm/実寸:COTTON81%・POLYESTER19%。)。
S:胴回り740/股上340/股下470/股下610/総丈920/渡り300/裾幅120。
M:胴回り770/股上360/股下470/股下620/総丈930/渡り310/裾幅120。
L:胴回り800/股上380/股下490/股下630/総丈940/渡り320/裾幅130。
胴回り(ウェスト)はゴムがはいってるので上記数値より20cm以上の着用幅がございます。
ボク175cm/70kgはLを着用してます。ウェストにはゴムを入れてるのでもともから大きくつくってます。だからMサイズでも穿けます。160cmの女性がすでにSサイズをお買い求めくださってますし、165cmの男性もSで上下お買い求めくださいました。170cm前後ならMがデフォルトでしょう。





いかがでしょう。
アンチエイジングなスウェットパンツ、ほかにはない概念のユニーク商品です。
お値段なんですが。国産のいい生地を採用して、国内の手のいい縫製工場をつかって、それらに適切なお支払いをしてつくってますが、ボクの利益をいつもより少なくして少しでもみなさんが買いやすいように、ボクの手元でコントロールした価格設定です。本来なら28000円くらいになる商品です。それだけ "ていねいな商品" です。


(初夏に最終的にこうしてTシャツと合わせていったん終了となるはずです。また秋になったら穿いてやって下さい。)



ゆいいつの店舗、京都三条富小路のCHICKENNOTストアに着てくださればご試着とともにこれらの商品にあうシャツやキャップもご用意しております。

ご注文・ご来店おまちしております。




販売価格 23,760円(税1,760円)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Profile

taito

Blog

Mobile Shopping

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM