のこり2。 VANS CHUKKABOOT。CA。MULTICAM® 。+WHITE 30MM DOTS。16200円。

Category : ドットペイントしたVANSのリメイクフットウェア。


US VANSがすんばらしいモデルをカリフォルニア・ラインからリリースしてきましたのでとてもうれしいです。本場の本気のホンモンの迷彩柄を使ってきたんです。スゴいです、スゴくステキです。ボクはワクワクしながら入荷当夜さっそくペイントしてました。迷彩柄にペイントすることで、戦争紛争を連想させる迷彩柄をやさしいイメージに転換してリリースします。15年くらいずっとVANSが好きなのでボクの主観でいうとめっちゃナイス&メジャーなアメリカのスニーカーカンパニーなんですが、世界的にいうと小規模なスニーカー会社だとおもうんです。だっていわゆる陸上競技/球技スポーツの専用スニーカーを作ってませんから。オリンピックとは無縁なんですから。
百歩(いや100プッシュ、うーんこのばあい100漕ぎでしょーか...w)ゆずって自転車のBMXの競技では五輪で着用されてるかもしれませんがもはやそれもカウントしなくていいのかもしれません。ストリート・ファッション的にいえば支持もおおく有名かもしれません。けれどNIKEやADIDAS、PUMA、CONVERSEなんかにくらべたら、ただのズック・メーカーなんていわれても反論できません。なーんてことはべつにぜんぜん悲観する部分でもなんでもなく、逆手にとらえればだからこそハイテクすぎないいいアメリカ臭をのこせてる製品が多いのだともうしておきます、アハハハ。



さてと。
CHUKKABOOTの人気はここにきて少しおちついてますが、シンプルゆえ "絶対定番" のひとつですからチョイスしてくださってかまわないとおもいます。こんなステキな迷彩生地を採用してるんならCHUKKABOOTくらいMID-CUTで生地の量がおおいほうが存在感もでてきてオススメかもしれません。
しかもCHUKKABOOTってスエードなどレザー仕様がおおくMID-CUTであることもふくめてあまり春夏シーズンに適さないモデルがおおいんですが今回のはコットンキャンバス仕様ですからフルタイムで活用できるすぐれもの。これならショーツを穿くシーズンにボリュームのある "つかえるスニーカー役" を演じてくれます。
この迷彩シリーズ、アメリカの迷彩パターン専門カンパニー、クライ・プレシジョン社のMULTICAM®/マルチカムという迷彩柄を採用したモノなんです。軽さ柔らかさと強靭さをバランスよく保つための生地、リップストップ・キャンバス素材です。2010年にはじっさいにUS ARMY(米陸軍)が採用した本気の本物です(このあたりの情報はWikipediaを参照しました)。どーりで迷彩がカッコいいワケです。
3つのパネルすべてをMULTICAM®/マルチカムで形成してます。淵/フチのパイピングも同素材でかがってます。スゴくカッコよくみえます。たくさんのカラーがリリースされますが、こんなにもカッコいい迷彩柄のVANSは今後しばらくでてくることはないとおもいます。これを越えるモノなんてそーそーありえない。そうおもってまちがいない。しかもCA、CALIFORNIA LINEからのリリースです。
CALIFORNIA LINE (CAと略されることがおおい)とは。
カリフォルニア・ラインはいわば洋服のセレクトショップ向けのシリーズです。低価格のズックタイプが定番のCLASSIC LINEが世界中で人気があるVANSですが、CAはファッショントレンドにも目を向けながら企画し、もっと上質な生地をつかい、クオリティをあげた工場に仕事をさせてできあがってくるシリーズです。こんなふうにレザーのタグが使われたりするところで識別もできます。上質なはき心地で実感できます。耐久性もCLASSIC LINEとはちがいます。ゴムの圧着とかもしっかりしてます。
VANSのタグがレザーの型押しロゴがつかわれることはほとんど。こんなところで識別/判別できます。
上の写真はAUTHENTICのものですが、インソールにもはっきりと "CALIFORNIA" と書かれてます。しかもこのインソールもUPグレード化されてて、立体成形もされムレにくい素材/構造を採用したりしてます。
細部にたくさんのこだわりをみせるCAです。CLASSIC LINEとはほんとうに別格/ベッカクのシリーズです。今回はAUTHENTICとSLIP-ONとCHUKKABOOTの3モデル同時にリリースしたスペシャル企画パッケージなんです。(他のページで2アイテムご紹介してます。)
そんなステキなパッケージングの3種のカリフォルニア・ラインのVANSにボクはいつもとかわらないリメイク・ドットペインティングをしてリリースしてます。ボクがドットペイントした商品は大量生産されたドット柄のアイテムとは "なんとなくの雰囲気というかたたずまい" が決定的にちがうんですよね、ウフフフ。"なんとな〜くちがう"、そこがミソです。よくみるとハンドペイントの仕事だとわかる部分もいっぱいあるんですが、パっと見では機械的だなっていうくらい丁寧というか整然と塗られてます。そのマシンライクなハンドペイントというのがボクの特徴・スタイル・いいところなんだとおもいます。
それと、シューレース(ヒモ)をボクがストックしてる白のナイロン平ヒモに変更してます。白ドットをペイントしたことにより全体のバランスを考慮してます。それによりもともとの個体とペイントしたドットがうまくなじんだとおもいます。(このありきたりに見える白の平ヒモ、じつはなかなか売ってない。)

写真のようにここにドットがあってほしいというところに的確にドットがあるようにできます。かかと中央にこんなふうにドットがあることがもっとも理想なわけで、大量生産でそれをしようとするとかなりめんどくさい仕込みをしなくちゃなりません。そこまでしてドット柄のスニーカーをリリースしたいとおもうドットにこだわるプロデューサーやデザイナーもいないワケですから、世にこういう仕上りのモノがほぼ存在してないワケです。ボクのようにできあがってるものに後から "バランス命" とおもってペイントして、グルっとどこから見渡しても出来のいいドットパターンの商品というのは大量生産ではなかなか実現できないボクのアドバンテージでしょう。完成してます。
じぶんが履いてるときの景色はこんなかんじ。迷彩にドット!?っていうてもそんなに奇抜/キバツでもなく、さらっと履けつつもしっかり主張でき、それでいてお下品でないサイケデリック柄スニーカーでございます。



さいごに。この商品はボク自身のドットペイントによる新品リメイク品です。ひとつひとつのドットペイントを手作業にてすすめてまいりますので写真とは多少ドットのバランスがちがいますこと、また、ペイントの際には多少の汚れやカスレが生じること、あわせてご了承ください。
そして。とくべつなUPチャージによりお届け時期を前倒しする対応も稀にさせていただきますが、基本的にはご注文順にペイントしてまいります。 たくさんのご注文をいただいておりまして、数週間おまちいただくことがございますので、ご自身のご予定からさかのぼってお早めにご注文ください。まことに不本意で恐縮ですがご了承ください。
それではみなさんぜひご注文ください。

京都富小路三条のお店では現物を手にとったりご試着もできるようにご用意してますのでぜひご来店くださいね。

販売価格 16,200円(税1,200円)
購入数
サイズ。
オプションの価格詳細はコチラ

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Profile

taito

Blog

Mobile Shopping

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM