完売しました。CCPXCHICKENNOT。FULL FACED HOODIES。4色。S/M/L。16200円。

Category : CHICKENNOT。


シンガポール人のいつもボクのことをよくしてくださるお客さんがさいごのNEON YELLOW/Mを買ってくださいました。ありがとうございました。ハイブランドをこよなく愛するかたがハイブランドの傾向とリンクさせ "いまネオンカラーさいこうよ❤︎" としきりにいうてくださったことがうれしかったです。



蛍光イエローのMサイズをさいごに完売となります。これで3度おなじ生地にてリリースしてまいりましたので、次回この風合いでのリリースはさすがにボクが躊躇チューチョします。なので再生産・リリリース(!?)は未定です。さいごの1点は貴重です。どなたかぜひ。





CCPXCHICKENNOTの最新版です。簡潔に今回の特徴を先に述べておくと、今回はいつもの春のジャージー素材を採用してます。昨年の秋にリリースしたツートンのものとおなじ素材・おなじパターン・おなじサイジングです。右袖にCHICKENNOTロゴをボクがステンシル・ペイントした新鮮な仕様です。



さまざまなシーンOK/さまざまなコンディションOK/何年もOK/10年売れてる人気商品、っていう商品です。




ボディ/ワッペン/ロゴの順でカラー表記をしておきます。

(01) WHITE/DARK NAVY/BLACK。



(02) NEON YELLOW/WHITE/WHITE。



(03) NEON PINK/WHITE/WHITE。



(04) BLACK/WHITE/WHITE。













さて。







CHICKENNOTしかりの "スニーカーファッション"。
90年代風の "FUTURE PAST・フューチャー・パスト" なデザインが懐かしくもあり新鮮だととらえられてもいます。つまり具体的にいうと "蛍光色とかポリエステル素材とかロゴの露出" とかです。当時、当時なりにハイテクっぽくつくってたテイストが今のファッションとして取り沙汰されてて、なんか "ダサカッコイイ" のが面白がられてます。と同時にスニーカーファッションをいまは "SPORT MIX/スポーツミックス" というてます。LOUIS VUITTON だって PRADA だって、スニーカーをベースにしたスポーティなファッションを提案してます。まちがないトレンドです。

今回はそんなかんじをいつもの別注パーカでみなさんと共有したいとおもってのリリースです。













そして。




フルフェイス・フードを搭載した防寒具的なパーカだと思われがちなこの "通称ヘンタイパーカ" なんですが、発色のイイこの国産ジャージー素材を採用するとずいぶんマルチ・コンディションに対応できるアイテムとなります。







中肉で安心感をおぼえるこの素材はポリエステル100%です。変に起毛加工もしてないので、アウターとして着れば通気性がよくムレにくいので初夏・初秋に日よけ目的で着られます。キャンプやハイキングなど夏山に行く人たちなら夏場でも容易に着る機会がでそうな商品です。朝晩と日中の気温差が大きいシーンにこのパーカは威力を発揮します。







そしてさいきんよくきくSUPとかなんかは、水面からの反射もあるので腕はとうぜんで顔も隠せるアイテムは重宝するでしょう。通気性もあり濡れてもすぐに乾きますから、この商品バッチリ。






いっぽうで、アウターのなかにレイヤードすれば空気をためられるジャージー素材なので軽さのわりに暖かいんです。だからスキー場でのマイナス気温の環境でもじゅうぶんつかえる逸品です。

先日はじめてバックカントリースノーボーディングを体験しましたが、ボクはハイクアップ時はベースレイヤーとこれで快適でした。ライディング時にアウターを上から着てオールOKでした。






ボクはランニングもします。首元・顔・耳を覆っておくと寒くない気がします。これを着て軽快さを確保しながらマルチフードで温度調節できるのは便利です。







ロードバイクにも乗ります。なんとヘルメットをかぶった上からこのフードかぶることができます。降雨時に雨具としてナイロンジャケットをそうしてる自転車乗りは見ますが、本品のようなニット素材をそのようにして低い気温の街や峠を疾走してるのは見かけたことがありません。ヘルメットが見えないというだけでずいぶんユル〜いバイクファッションにシフトできます。






フードパーカーなので普段着にもちろん着てください。ボクはブレザーとか余裕で合わせます。蛍光ピンクとブレザー、まったく問題ないです。むしろこれが FUTURE PAST なファッションだし RETRO FUTURE なノリだとおもいます。裾がリブ仕立てになってないのでやぼったさゼロな重ね着ができますね。ブレザーよりも丈が長かろうとサマになってるようにボクにはみえますが、いかがでしょう。





蛍光色をオススメしておきながらCHICKENNOTはしっかりモノトーン・ファッションもフォローします。白ボディと黒ボディをご用意してますので、こちらもぜひ。









この生地、もちろんご自宅の洗濯機でガシガシ洗ってください。非常に扱いやすい生地です。ポリエステルなので、脱水がおわった時点でほとんど乾いてます。しかも中肉でタフなのでスケボーでコケてヒジを擦りむいても破れてなかったというレアケースも生じるでしょう。そして、ジャージー素材という性質上、毛玉になったりしません。また、うれしいことに、白の白さもけっこう保ってくれますし、蛍光色の発色のよさも何年か経ってもあせたりしません。つまりですね、この生地ってアンチエイジングな生地なんです。3年ほど前にこの生地でこのパーカを作ってます。当時それを買ってくださってるかたならわかってくれるとおもいます。ボクも黒/白/蛍光イエロー/蛍光ピンク、過去作をぜんぶもってますが、ぜんぜんといっていいほどクタクタ感とか、着古した感がでてないんです。すごいです。

















別注を引き受けてくださるCCPさんについて。



CCPさんは東京のサイクリスト2名が切り盛りしてる自転車乗りにむけたクロージング・ブランドです。ボクよりも年上のおだやかなお兄さんたちがドライブしてます。ブランド自体もボクCHICKENNOTよりも先輩です。


CHICKENNOTストアができる2008年にはすでにこのパーカは存在してて、とある京都の自転車屋さんスタッフがそれを着てたのをみて感銘を受けたという記憶が今もボクのハートにメモリーされてます。まさに一目惚れの片思いでした。CHICKENNOTストアを立ち上げてそのスタッフさんのご好意でCCPさんをご紹介いただき、のちにこのパーカを別注させていただくようになった次第です。これまでに10素材くらいを採用しながら15回ほどはリリースしてきたはずです。







数年前から、パターンもCHICKENNOT用にいじってくださることになり、CCPさんオリジナルの商品とは素材もちがえばシルエットもちがうし、ポケットのデザインもことなる仕様にて販売しております。違わないのはこのアイテムの最大の特徴である "フェイスマスクタイプのフード" です。ボクはこのフードに恋してるので、ここは完全オリジナルのまま、まいどまいど企画をすすめさせてもらってます。






ちょっとここで。
フルフェイスフードのいろんな展開です。フルかぶりスタイルです。フェイスマスク然としてます。でもバラクラバのようにピッタリフィットというほど窮屈ではないようにしてあります。

デコ出しスタイルです。ボクはこのスタイルが好きです。
デコ出しスタイルの横からの図です。キャップの上から、ビーニーの上から、ぜんぶいけますね。

頭出しスタイルです。首に雨や雪がはいりません。
全おろしからマスクぶぶんだけ立ち上げてます。きっとこのスタイルもみなさんがおおくつかってるスタイルでしょう。ふつうのパーカではできない満足感を得られる使い方ですね。
全おろしスタイルです。全部おろしてるときはクルクルと内巻きにしてスッキリとした立ち襟のようにもできます。
全おろしの横からの図です。ハイネックみたいなルックスです。


いわゆるバラクラバのようなピッタリすぎたフィット感ではありません。あくまでフードをかぶらない普段着での着まわしの良さも重要ですから、伸びる素材の良さを利用して、フード自体はフルフェイスでありながら少しゆったりしてます。















ほかには2カ所のリフレクタ・テープの存在です。 alt="">夜に車のライトなどで反射する素材がついてるテープです。右手首とあごにあります。右手首のところは方向指示器がわりに右手を差し出したときに後続の車に視認性をよくするためです。あごのところは走行中でもフードのマスク部分を上げたり下ろしたりしやすように引き手として使うためです。これがあるからグローブしてて呼吸の確保が容易にできます。






それと、袖口は少しのテンションですぼまってて、親指がだせる "サムホール" がついてます。自転車走行中は袖口から風が侵入しやすいので、それがふせげるようになってます。そのために、この商品は袖が一般的な長袖のカットソーよりも長くつくられてます。両手を前にだしたライディング状態で手の甲まで覆うことができるための長さにしてあります。袖口を伸びのいいテープでががってますので、親指をださないときは手首のところでしっかりとまりますのでご安心を。










CCPさんのオリジナルな部分はこんなところでしょうか。おそらくCCPさんの現行モデルでも搭載されてるとおもいます。










ここからはCHICKENNOT用にリクエストした別注仕様の説明にはいります。










カンガルーポケットを採用してるのはCHICKENNOTです。ともすればスポーツウェアに近い商品をこのカンガルーポケットの採用でずいぶん普段着化してます。ここ重要な部分です。しかもふつうのパーカよりもずいぶん高い位置につけてます。何年もかけてすこしずつ高い位置に変更してもらい、今はこのあたりです。






まあ、理由はたんじゅんにこの高い位置のポケットに両手を突っ込んだ見た目が可愛いからです。この位置にあることでよそのブランドと明確に差別化できるっていうのも作り手としては考えてしまいます。







それに。
この位置にあるとポケットに入れたものが収まりがイイです。バストのトップのとこでポケットがいったん押さえられるので容量が小さくなり中のもの(携帯や財布など)が比較的あばれにくいです。それにここって、みぞおちのへこんだところにモノがくるのでさらに安定しやすい位置なんですよね。人間工学にもとづいて、なんてむずかしいことはいえませんが。




それに、おなかのところにあるとまちがいなく前傾姿勢をとって自転車に乗ったときには使えなくなりますが、胸の高い位置にあれば仕様不可能にはなりません。ボクはスノーボードもしますのでこのパーカはスノーボーダーにも人気なんですが、この位置ならパーカをパンツインしてもなお使用可能です。それにいまはビブパンツ(オーバーオール)が定番になってますが、この位置にあればビブの脇からポケットの中の物の出し入れが可能です。世間では裾のおなかのところにカンガルーポケットがついてるのが常識になってますが、この高い位置にあることのほうがメリットが多くって、弱小のCHICKENNOTがファッション界で存在の意義を示すのにとっても助かってます。うふふふふ。
















CHICKENNOT別注仕様はパターンやシルエットも変更してもらってます。



カンガルーポケットの真上に切り返しをもうけてます。今回の4色はぜんぶ単色ボディなので関係ありませんが、ここを起点に上下で2配色にしてリリースすることができます。過去にはそのように販売してきた実績がなんどもあります。









袖を少し細くリシェイプしてもらって、見た目の "シュっと感" を演出してます。CCPさんオリジナル品はもう少し脇に生地がたまるデザインのはずです。









裾の仕舞いをスクエアテールのデザインにしてます。CCPさんオリジナル品はドロップテールでかつ手首とおなじようにテープで調整してすぼまってるようにしてありますが、CHICKENNOTはそれを廃止してよりストリートテイスト(!?)にカジュアルテイスト(!?)にしてもらってます。Tシャツはカットソーとおなじ感覚でどんなシルエットやサイズ感のパンツにも合わせられるとおもってます。








CHICKENNOTのワッペンとタグですよね。これはもちろんCCPさん品にはつきません。白ボディにだけ紺色のワッペンをつけてます。サイズはこれまでとおなじ50MM径です。それ以外の3色(YELLOW/PINK/BLACK)にはこれまでよりひとまわり小さい40MM径の白ワッペンをつけました。紺色ワッペンをこのパーカに採用したのもはじめてですし、40MM径のワッペンをつけたのも今回がじはじめてです。









右の袖にCHICKENNOTのロゴをステンシル・ペイントしました。ボクCHICKENNOTはただいま11年目なんですが、10年すぎるまであまりロゴをバーンと強調する商品をリリースしてきませんでした(オープン時にはつくりましたが)。10年ガマンしたので、去年からわりと袖にロゴを入れたりすることをしてます。なんか出来栄えとしてたのしい気がします。よくあるシルクスクリーン・プリントではなく、ボクの手による筆でのステンシル・ペイントです。CCPさんから出来上がってから少しずつせっせとCHICKENNOTビルヂングの2階の作業場で手作業でボクがペイントしたものをご提供します。少しのよごれがあったり少しにじんだりするばあいがございますが、手作業の風合いとご理解くださればとおもいます。






































S:前身頃580/後身頃680/身幅510/裾幅510/裄丈820/袖丈550(cm/実寸)。
M:前身頃610/後身頃700/身幅520/裾幅530/肩幅830/袖丈550(cm/実寸)。
L:前身頃630/後身頃720/身幅550/裾幅550/肩幅870/袖丈560(cm/実寸)。
素材:ポリエステル100%。

ボク176CM/70KGがSサイズを着ても着れないことはありません。下の写真がそうです↓↓↓。袖が長いから着れてしまいます。というかホンマの自転車乗りさんならボクの体格でSサイズをチョイスされるかたもいるかもしれません。袖が長めだし四方によく伸びる生地なので可能ではあります。空気抵抗をかんがえてぴったりと着たいがために小さいサイズをえらぶのは自転車乗りとしては "あり" なサイズチョイスではあるとおもいます。でもボクはLを好んで着てます。

オーバーサイズが当たり前な時代ですが、150CM台の女子がLサイズを求めるのはこの商品ではちがうとおもいますので、お気をつけください。

160CMの男子ならSサイズ一択だとおもいます。

身長が170CMのばあい、痩せくんはSもMもいけます/中肉くんはM/体重が70KG以上あればLサイズでしょう。





在庫があるかぎりゆいいつの店舗である京都富小路三条上ルのCHICKENNOTストアへおこしくださればご試着のうえお求め可能です。素材感や色目のご確認可能です。ぜひおこしください。















また、いまの時点で本品は袖のロゴ・ペイントを全数すませてるわけではございませんので、代引き配送をおえらびくださっても即日・翌日出荷ができないばあいがございます。






ご注文・ご来店、おまちいたしております。





GOOGLE MAP:CHICKENNOT STORE。
TWITTER:CHICKENNOT0006。
INSTAGRAM:CHICKENNOT。
WEBLOG:CHICKENNOT。
FACEBOOK PAGE:CHICKENNOT。










販売価格 0円(税0円)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Mobile Shopping

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM