上下バラでも買えます。CHICKENNOT。BORDER SHIRT/BORDER SHORTS・ペイントあり/ペイントなし。

Category : CHICKENNOT。


2018年7月24(月)22:00より上下バラ売りをWEBストアでも開始します。










ネイビーボーダーのCHICKENNOTオリジナルデザインのシャツ&ショーツです。国内産のコットン100%の生地をていねいに国内縫製してできあがってくるものです。ボクは卸売のルートをもちません(ペイント作業が手作業すぎて、卸売分まで手が回らないからもてない)。なのでこのCHICKENNOT WEBSTOREと京都三条富小路のCHICKENNOTストアで販売するだけの数量しか生産してませんので、所有してくださったかたにはそれなりの満足感が得られる商品群だとおもいます。シャツ/ショーツとも15枚の生産数といえばその少なさを分かっていただけるのでしょうか。また、スケボーや自転車など、アウトドア・フィールドで遊びまくるスニーカーファッションのお洋服にしてはよそのブランドさんよりも生地も工場もなかなかアッパークラスなので、とても質のいいモノを少量でご提供してると自負してます。








冒頭のメイン写真のように、シャツ&ショーツにも2タイプあります。工場から出来上がってきた素のままのボーダー柄の商品と。出来上がってきたモノをさらにCHICKENNOT BUILDING2階にてボクがドットペイントしてお渡しするモノです。また、ショーツもシャツも同じ生地で同じコンセプトで生産してますので、このページでは上下セットアップでのお求めを可能にしてます。







ボーダー(横縞)のシャツ、ボーダーのショーツ、ってあまり見ない聞かない商品だとおもいませんか?ボーダー柄のTシャツやカットソーはあっても、世間には圧倒的にストライプ(縦縞)のシャツ/ストライプのショーツのほうが多いハズです。なんとなくですがボーダーは優しいとか柔らかいイメージを演出することができる気がします。対してストライプはシュっとした精悍セーカンなイメージであるとおもいます。CHICKENNOTらしいのは、やはりどちらかというと優しくて可愛いイメージだとおもうので、生地の裁断のさいに常識とは90度ひねって、ボーダー柄になるよう裁断してもらい、ボーダー柄のアイテムに仕向けました。




この生地、いい意味でガシガシしてます。つまり柔らかいしなやかさはなく、やや分厚くしっかりしてます。夏の暑い時期に分厚くてどーすんねん....となるのかもしれませんが、ガシガシしれる分いちいち体にまとわりつかないから、生地と体に隙間を生み出しやすいがために、意外と涼しい感覚をおぼえます。




シャツにかんしていえば、裾にむけてやや広くシルエットをとってるのもあり、通常の男前な体にフィットしたシャツよりも空気の流れをつくり、着苦しいかんじはすくないハズです。ボク自身が夏場でもこのCHICKENNOTシルエットのシャツをいつも着てるのでテスト済み案件です。



また、袖の長さにもひとクセありまして、半袖というよりも五分袖丈にしつらえてます。これもいつものCHICKENNOTの当たり前的なアイデンティティにもとづいたディテールです。デスクワークなんかするときに肘裏というか肘のこっち側(内側)が汗ばみやすいのですが、そこまで袖を届かせベトつかせないようにという狙いがあります。また、通勤時、電車やバスのつり革につかまったときに袖口から脇毛を覗かせないエチケット的な意味合いもあります。すこしでも日焼けから腕を守ろうというのもまた真意です。とかいいながら、隠してばっかりではムレやすくなります。もちろんなるべくムレずに快適に過ごしたいともおもってますので、脇にはシークレット・メッシュ・ベンチレーターをもうけてます。このメッシュはポリエステルなので伸びますし乾きやすい。なので腕の可動域も確保しながらよりベトつかない方向に機能してくれてます。長袖のいつもの仕様なんですが、今回は半袖(五分袖)にも採用しました。自転車なんか乗ってるとその通気性をしっかり体感できるときがあります。スーーーっとします。







生地の話からついシャツの話になっちゃったのでついでにシャツの説明を完結させたいとおもいます。







今回もいつものAラインなシルエットです。Aラインときくと女子のスタイル限定なんておもうかもしれませんが、ガーリーにならないよう直線的に広げてますので可愛らしさの強調さえしてるのですがナヨナヨした女の子っぽい男子を作り出そうとしてるワケではありません。男子がAライン着るってどゆこと!?とまだ懐疑的ならばこういう表現はいかがでしょうか。"ふつうのシャツのボタンを開けっぱなしたかんじの脇〜裾の開放感が、ボタンを閉じても実現されてるシルエット" です。つまり着てるご自身は生地が体にまとわりつかない楽な着方してるつもりでも見てる側からはボタンアップされてるがためにだらしなくみえてないというお得感を得られるというか。ま、そんなかんじです。





いつものCHICKENNOTのシャツからの変更点は、首元・襟元です。前回より、ボタンダウンの襟にしました。それに合わせて襟を1cm太くしました。これまでの襟の仕様だとジャケットを着たときに襟がジャケットから飛び出てしまうことがしばしばあったのでそれを解消してみたかったからです。それに襟をデカくすると相対的に小顔に見えやすいというのも変更に踏み切った理由のひとつです。ま、ボク自身はとくにボタンダウンが好きではないので、このシャツでもジャケットを着ないばあいは襟のボタンを留めずに着ることがおおいです。そのあたえりはご自由に。それと、見頃のボタンの付け位置をすこし工夫しました。一番上の第一ボタンのすぐ下に第二ボタンを用意。この間隔の狭さによって、首元の開放感の調整が可能です。第一ボタン留めなくてもある程度シュっとしてる感じを演出しようとしてのコトです。



そのほか、シャツのいつもの仕様といいますと。左胸にさがら刺繍の丸いワッペン。



右裾にリフレクタ・ドットつき白タグの装着。



背中中央の大きなタック。





といったところでしょうかね。オリジナル・シャツを企画してもう5年は経つのでだいぶ成熟してきましたね〜。











つづいてショーツの件。






ショーツは、簡単にいいますと、"サルエル・ショーツと呼んでしまえるほど股上を深くとりつつ、股下は最大限短くしてあるので、けっきょく膝上10CMショーツなんです" です。太ももにフィットしたバミューダ・ショーツとは正反対の位置にいる、大多数のみんなにはあえて気に入ってはもらえない個性的なシルエットを実現させたつもりです。




つまり。いつもの長ズボンのようにややお尻に余裕をもたせたいんだけどただオーバーサイズなショーツだと丈まで長くなっていって上下の分量的なバランス・ウェイトがどんどん下にいってしまうので、ゆったり感を感じながら膝上10CM丈Mにすることでスマート感もキープさせたというコトかな。なんせ "WIDE&SHORT" です。(あまり説明しすぎると困惑させてしまいますね....すいません。)











つづいてショーツの仕様です。ワンタックいれてます。





横幅のひろいショーツなので、ポケットと容量もショーツにしてはとんでもなく大きいです。そのサイドポケットのなかにはもうひとつポケットがあり、スマートフォンやカギを入れるにちょうどイイようにしてあります。




左太ももにシャツとおなじさがら刺繍のただ丸いだけのCHICKENNOTオリジナル・ワッペン、逆サイドにシャツとおなじ白タグもつけてます。ウェストにはベルトループをもうけつつ、32ミリの幅広で特徴的なサテン調のリボンのようなテープを内蔵しドローストリング・ショーツとしてベルトなしでも履くことを可能にしてあります。このリボン・テープがおおいに見た目のアクセントにもなってます。白地のショーツということで透けないようにポリエステルの内張を上から吊ってます。男子のショーツにここまでゆきとどいた仕込みのできたショーツってすくないとおもいます。男子はパンツ生地が薄すぎるのを嫌いますからそれえの対策でもあります。シャツと同じ生地でしかも白地なんですが安心してガンガン履くことのできるショーツです。






ここで。白は汚れやすくないですか....と愚問をなげつけないでください。コットンやポリエステルのお洋服は1回履いたら洗ってほしいです。パンツやショーツはとくに股間をつつんでるものですから当然ですね。CHICKENNOTは洗わず何度も履くよりも毎回履くごとに洗う方がぜったいにイイといつでも断言してます。











フツーっぽいけど全然フツーじゃない、それでいて1年で飽きてしまえるほど個性がキツくない。ボク自身はCHICKENNOTのお洋服をそういう観点でつくってますがいかがでしょうか。










そしてお値段や買い方の説明です。ドットペイントのない、工場から届いた素の状態ではシャツもショーツもそれぞれ単品で税込19440円です。国内産の生地/国内縫製/少量生産のガッチガチのものづくりですが卸売をしないがためにお値段を極力抑えられてる....ボクはそうおもってます。セレクトショップにこの商品がならぶことになると.....税込25000円では買えないかもしれませんというモノです。ドットペイントがなくても男子でも着られるAラインのシルエットとか脇のシークレット・メッシュ・ベンチレーターの仕込みとかバミューダショーツとは真逆の正方形的なシルエットとかサイドポケットのこれでもかというくらい大きい設定とか、シャツにしてもショーツにしても、けっこう個性をたくさん盛り込めてる商品です。あ、ストライプでなくボーダー柄というのも実は新鮮味あるっていうのも、忘れてほしくない部分です。











そして、ドットペイントの仕様には2種類あります。シャツもショーツも前面にしかペイントをしない仕様と。前後フルドットペイントした満塁ホームラン的フルコースな仕様です。フロント・ペイントという仕様は前面だけのペイントですが、シャツでいう脇、ショーツでいう腰あたりの真横の切り返しの部分にはペイントをしますので、事実上50%以上の範囲です。が、シャツの袖にはペイントいたしません。前面だけドット柄で背面はただのボーダー柄なので、それはそれで見る人を惹きつけるほどの魅力をもつ商品なのかもしれません。






前後フルドットペイントといますと。ボクの英知をそそぎこんで、前後左右上から下から....どこからみてもドットどうしのバランスがいいように、"死にドット" がないようにペイントした仕様です。大量生産品ではこういうことはあり得ないので、どなたが見ても "なんか普通じゃない" という印象をもたせられる、可愛さが一杯にあふれる不思議なお洋服です。









前面(フロント)だけペイントした仕様はシャツ税込23760円/ショーツ23760円です。






全面にフルドットペイントした仕様のほうはシャツ29160円/ショーツ27000円です。









単品の価格。

◉ペイントなし。19440円(18000):シャツ。
19440円(18000):ショーツ。
38880円(36000):上下の総額。





◉フロント・ペイント。(シャツは前身頃と襟のみ、袖へのペイントはありません。)
23760円(22000):シャツ。
23760円(22000):ショーツ。
47520円(44000):上下の総額。








◉前後フルドットペイント。29160円(27000):シャツ。
27000円(25000):ショーツ。
56160円(52000):上下の総額。







ここで。24(火)22:00からは上下バラでお買い求めできるようにしますが、上下セットアップで着たときのファッション的な破壊力は絶大ゼツダイです。セットアップで買ってもバラで着れますからコーディネートの幅が広がります。なので、ボク的にはいちおうセットアップでお買い求めすることをオススメいたします。が、店頭ではバラでのお買い求めを可能にしてますからすでに上下の在庫数にばらつきがあるのも事実です。それに、シャツはS・M・Lのいつもの3サイズ展開なんですが、ショーツはSMというサイズとMLというサイズの2サイズ展開です。SMというのはいつものMです。MLというのはいつものLサイズです。下記のスペックも参照してください。(そう。この生地はきょねんかな。太めのボーダー柄のセットアップをつくった時の生地と同品番なんです。なので、あのときお買い求めくださってるかたは、今回も買ってくださると、同じ生地感とおなじ紺色の色目の生地ということで、さらに着合わせの幅がひろがります。)







それではスペックです。
ボーダーAラインシャツはいつもの3サイズ。S(02):前身頃590/後見頃670/身幅490/裾幅630/肩幅395/袖丈290/袖口170(mm/実寸)。
M(03):前身頃640/後見頃710/身幅520/裾幅650/肩幅430/袖丈300/袖口175(mm/実寸)。
L(04):前身頃680/後見頃760/身幅550/裾幅680/肩幅460/袖丈320/袖口180(mm/実寸)。




ボーダーショーツはSを廃止して2サイズ。SM(03):胴内回840(胴幅410)/前股上370/後股上460/股下120/総丈460/渡り350/裾口310(mm)。
ML(04):胴内回900(胴幅440)/前股上380/後股上470/股下120/総丈470/渡り370/裾口320(mm)。





176cm/70kgのボクはシャツLサイズ・ショーツMLサイズで合わせてます。Sサイズのシャツをチョイスする女子や小さい男子がセットアップするばあいSMサイズのショーツをえらぶことになりますが、シャツ自体が裾にむけて広がってるAラインなので、ボトムが大きいというのはバランスとしては申し分のないモノ。少し大きいんじゃないかとお思いになっても、セットアップ・ファッションを支持してくださるならぜひ合わせてご注文ください。






小さいお店の小さいオリジナル・ブランドというのがCHICKENNOTの立ち位置です。大量生産なんてできないしハイコストのテクノロジーを盛り込むこともできませんが、ほどよくトレンドを意識しながらアイデアあふれる素敵な商品をリリースしてるとおもってます。すこしでも興味もっていただけたならぜひお買い求めください。











お店は京都三条富小路上ルのCHICKENNOTストアのみです。
こちらへお越しくださればじっさいに商品をお手に取っていただくこと、ご試着いただくことも可能です。在庫をご確認のうえ、お店にもぜひおこしください。






ご注文・ご来店おまちいたしております。






















すそ幅をしっかりとって丈が短いながらチンチクリンなイメージを感じさせないような生地の量です。すこし腰履きしたときの写真です。




全面フルドットペイント仕様はアナログ的仕込みをフルで使います。ひとつひとつのドットをすべて手作業でていねいにペイントしてゆきます。




ドットの大きさは50ミリ径です。それぞれのバランス感覚こそ、ボクにしかわからない、ボクが気持ちイイとおもえる間隔です。言葉ではあまり説明できません。1枚ごとに若干異なることも多々あります。




左胸のポケットです。とくに何を入れるというのでもないですね。もうタバコを吸う時代でもなくなり、ここのポケットの意味がなくなってきてしまってますね。タテジマとヨコシマのコントラストをだすのに一役買ってます。




ショーツのバックシルエット。ポケットは水平に2つ。




白ベースの生地に白ドット。とおくからは紺色のヨコシマが途切れてるようにみえます。










夏場の柄のショーツはけっこうみなさん受け入れてくださりやすいのかな。白のショーツで柄の入ったものってなかなかみない、そんな気がします。白TEEがよく似合います。




フロントのみのドットペイント仕様をお選びくださっても、このように首のところに1つ、ペイントします。




















GOOGLE MAP:CHICKENNOT STORE。
TWITTER:CHICKENNOT0006。
INSTAGRAM:CHICKENNOT。
WEBLOG:CHICKENNOT。
FACEBOOK PAGE:CHICKENNOT。

販売価格 19,440円(税1,440円)
購入数
サイズ/ペイントの仕様。
オプションの価格詳細はコチラ

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Mobile Shopping

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM