CHICKENNOTオリジナル。真っ黒セットアップ。39960円。

Category : CHICKENNOT。



Aラインシャツ。
S(02):前身頃600/後見頃680/身幅500/裾幅630/肩幅395/袖丈290/袖口170(mm/実寸)。
M(03):前身頃630/後見頃720/身幅540/裾幅645/肩幅425/袖丈300/袖口175(mm/実寸)。
L(04):前身頃660/後見頃760/身幅560/裾幅670/肩幅460/袖丈310/袖口180(mm/実寸)。

黒ショーツ。
S(02):胴内回785(胴幅385)/前股上350/後股上430/股下100/総丈400/渡り340/裾口290(mm)。
M(03):胴内回830(胴幅405)/前股上360/後股上435/股下105/総丈415/渡り345/裾口295(mm)。
L(04):胴内回875(胴幅430)/前股上365/後股上445/股下110/総丈420/渡り350/裾口300(mm)。

ボクがデザインしたCHICKENNOTオリジナルの商品です。シャツ用に使われがちなストレッチ素材です。コットン/ポリの混合生地です。ポリエステル混なのでアイロンをあてずしてあまりシワクチャじゃあありません。

シャツは半袖のAラインスタイル。半袖のオリジナルシャツをリリースしたのはこの2016年春夏がはじめてです。Aラインと表記してますがホントの女の子っぽくカーブした裾広がりではないので男の子が着てもへんなガーリー感はないと自負してます。ボクは長年このシルエットを自分でも気に入って1年の80%以上、なにがしらのCHICKENNOTのAラインシャツを着用してます。ぎゃくにボクがAラインシャツを来てない日にでくわすのはかなりレアな状況のはずです。

胸のワッペンはさがら刺繍ではなく、モール刺繍といういつものさがら刺繍モノよりもお上品で高額なモノ。桃やとうがんの表面のように毛が立ってるんです。触ってみるとフニャって毛が折れてなんだか不思議な感触がしますよ。

脇には長袖のときと同じようにベンチレイション用のスリット+メッシュ仕様にしてます。半袖にこの仕様は無用なのかもしれませんがなんとなくこれもCHICKENNOTらしさのひとつかと思い採用してます。じっさいは多少なりともコレのおかげで涼しいです。

セットアップにすると上下で同じ生地や同じパーツが揃うということになります。それが着る満足感につながります。同じ生地着ていつもの白タグが同じように付く、いいですね。女の子にはセットアップのお洋服がたくさんあるのでセットアップ・コーディネイトの素敵な感じをいまさらと思われるかもしれませんがボクたち男子のセットアップっていうとお仕事以外ではあまりなかったことなので、ぜひ採り入れてほしいものです。

ショーツはワイドかつショートです。短く穿けるショーツをプロデュースしたくてデザインしたのですが、ワイドにしたものは世間にはあまり出回ってないとおもいます。

ボクはAラインシャツを好みます。Aラインは裾広がりで腰回りが広いのでショーツもワイドであるべきでしょう。それで見た目の上下のバランスが明にしっくりきます。ボクがセットアップ販売にこだわったのはその上下のいいバランスのシルエットを全員のかたと共有したかったからです。

ショート&ワイドでありますからこれまでみなさんがふつうにチョイスしてきたショーツよりもずいぶん動きやすくて涼しいです。ほんとです。

ストレッチ素材をつかってますのでオシリの突っ張りによるストレスもほぼ感じないとおもいます。

シャツ地を使ってるので、ボトムスに採用するにはすこし生地の薄さが気にならないよう、裏地を吊りました。メンズのショーツにそこまで配慮したものはあまり見かけないのはないでしょうか。はっきりいってシャツよりもコストがかかってるショーツです。ほんとです。

裏返しにするとこんなふう。黒のサテン地のような生地の裏地は肌ざわりもいいです。

真っ黒の上下に白い付属品をつけモノトーンの精悍/セーカンなイメージです。もちろん別のシャツを合わせるもよし、別のショーツを合わせるもよしです。


販売価格 32,400円(税2,400円)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Profile

taito

Blog

Mobile Shopping

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM